仮想通貨をただ「買う」から次のフェーズへ

Please vote me ❤

ビットコイン・BTCの値段は年末の240万あたりから大きく値を下げ、下は一時60万円台をつけるなど大きく下落する局面もあったものの、現在は110万円台前半で推移をしている。

これまでの買えば上がる、「買って煽ってHODLでMoon」といった言わばバブル期・過熱期は一旦脱したといえよう。
急速な上げでバブルではないかという指摘があると、シュバって来る輩に「センスない」「仮想通貨とチューリップを同列に語るな」「握力無いやつは残念()」などと煽られたものだが、最近はめっきりと静かになりマインドの変化を感じる。

ハイプサイクルによると、流行期(バブル期)が去ると次に幻滅期とされている。その言葉通りにチャート的には大きく下落し、あまたのイナゴが焼かれ怨み辛みの怨嗟が一部には渦巻いているのも確かである。しかし、人々が本当に幻滅している状態かと言えばそれは早計である。

コインチェックからの流出事件で一躍知らぬ人がいないほど有名になったNEM/XEMであるが、流出したXEMの一部が換金され入出金の停止や売り圧力が強まっているもののコミュニティの強さはピカイチである。Nembarのオープンやフリーマーケットの様なXEM決済可能なイベントを開催したり、更には一般事業者にもPRの一環としてXEM決済を取り入れる所が日々増加している。これもXEMホルダーがJPYではなくXEMを使い決済するという経験を通しての楽しみに価値を見出していること、そしてNEMの普及に貢献出来るなどこれまでにない価値の創造をし、草の根の様にしっかりとした土台を徐々に広げているのだ。

経済圏というにはまだFiat依存が強すぎるという指摘もあるが、仮想通貨のキラーアプリはトレードと言われる中で実際に実利用する経験こそ大切な一歩ではないだろうか。色々な事をまずは試すことで後に最適化されていくのであって、何もしなければこれからも何も生まれはしないのだから。

儲けのみに執着してトレードに励んでいた方も、コミュニティの一員としてその発展に力を注ぐという楽しみ方に触れてみてはどうだろうか。きっとこれまでにはない楽しみを感じられるはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする