草コインとはなんぞや!?~草コインバブル~

Please vote me ❤

最近「草コイン」という言葉を以前にも増してよく聞くようになったけれど、「草コイン」ってどういうものを指すのか理解して使ってるのかどうかが怪しいw

仮想通貨の4分類(ビットコイン、アルトコイン、草コイン、詐欺コイン)

上記、大石氏の記事が詳しい。

安値のコインを買い上がってPumpさせ、イナゴ達がそれを見て飛びつき更にMoonするといった草コインバブルに界隈は盛り上がっている。草コインの取引自体は正当なもので、他人がとやかく口を挟むべき所ではない。しかし、そう言ったPumpを目的にツイッター等々Lineグループなどを使って他者を嵌め込むことで値上がり益を得ようとする動きも少なからず存在しているようだ。投機勢からすれば「儲かれば正義」なのかもしれないが、このまま養分達が学ばずにあとになってようやく気づいてワーワーギャーギャー騒いでるままではFX同様に規制アンド規制で妙味が減り、界隈自体がShitな方向に向かう事は間違いないだろう。

そして、これまで同様にクジラニキはAltのPumpで遊んだ後は主要コインへ回帰してフリダシに戻ってのループになるのではないかという流れを想定している。既に、アーリーアダプターの中でも次のステップとして資産価値として振れ幅の大きい仮想通貨から現実資産へと動かしたり、ビジネスに振り向けたりといった動きも散見されるようになってきた。いくらFiatがShitだといった所で日々の生活をしていくのにはやはりFiatのが使い勝手がいい。そして、Fiat likeなTetherのようにFiat pegな仮想通貨は本当に使い勝手が良い。ETHチェーンに乗っかって、取引所が対応すればより便利になるだろう。日本でもJPYZがあるものの、現在も実験中で実運用が待ち遠しい。

この様に、日々刻々と世界は進化のスピードを早めていて、大正義だったメガバンも口座管理料を徴収などというニュースが出るほどで、Bank AccountはSBI一択だろう。SBIで銀行・証券・仮想通貨取引所のアカウントがあれば一通り事足りる状況になるのではないかと思う。だが、1強となれば競争がなくなり改悪アンド改悪の嵐は歴史が証明していることで、対抗出来る存在の出現が待たれる。GMOの名前も浮かぶかもしれないが、仮想通貨の取引所としては美味しい所はあるものの、常用する場所ではない。

ちなみに、草コインは本体が安価な為にすこしの上昇で大きなリターンとなるわけだが、メジャーコインであってもボラティリティは高く、0.001単位で売買が可能な取引所が多いので草バブルに乗り切れていない感を持っている方はBTC/ETH辺りでも押し目を狙うのもアリだろう。

どうあれ、界隈の皆さまが少しでも多く旨味を享受出来る事を願っています。

てばさき先生の連載が本になったみたいだよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする