TX FEEをケチってはいけない!

(「・ω・)「ガオー

TX FEE

BTCを送る際に掛かる手数料。

現在のビットコインが処理できるトランザクション(送金)は7tx/secと言われてるけど、インプットが複数に分かれていたり、カウンターパーティーのトークンの様にビットコインのブロックチェーンに一緒に乗っかっているものは通常のTXよりも情報量が多くなって、TXサイズが大きくなるので実際はもう少し少ない量のTXしか処理出来ないんだ。

その処理が限界を超えて1ブロックに収まらなくなると、一部例外を除いてマイナーはTX FEEの高い順に処理していくようになるので手数料をケチるといつまでたっても送金したTXが承認され(ブロックに取り込まれ)ずにメモリープールという未承認TXを溜めておく所で高いFeeを払って送金する人のTXがはけるか、TX数が減って安い手数料でもブロックに取り込まれるようになるのを待たなければいけない。

取引所から出金する際に注意しなければいけないのは、各取引所の仕様によってまちまちではあるけれど、払った手数料の全額がTXに載せられず支払った手数料の一部だけで送金する仕様の場合だ。大抵は各取引所が標準として定めているTX FEEを払っていれば問題が起こることはないが、すいてるからちょっとケチってもイケるんじゃね?なんてスケベ心を出すと往々にして失敗する。その例を見てみよう。

↑は通常サイズで送った場合の手数料は「27120satoshi」を払えば一番早く・一番安く送金出来る目安ですよ。というもの。

通常、0.0005程度かかる所が0.0002712で送れるんか!おっしゃ、取引所の標準手数料は0.0005だけどケチって0.0003払ったらOKやろな!出金ポチーっ

0.0002BTC得したっ!やったねー!!

あれ…

あれれ…?

ワタシノビットコインガトドイテナイノデスガ…

送金先ミスった!?

まさかの送金ミス系セルフGOX来ちゃった!?!?

…落ち着け。まずはTXIDをExplorerで確認するんだっ!!

えっと…送金先……合ってる!!良かった。これでまずセルフGOXは回避や!

え…でも、なんで…?

…ん?

…んんっ???

ぎゃあああああぁああぁあぁっぁぁあぁあぁぁぁ

ツールだと120sat/byteは必要やで!って言ってた!!

0.0003払ったはずの手数料が半分近くになってるwwwwっうぇwwwうぇww

当然、出金手数料にはマイナーに支払うFeeが必要ですがTXを発行してくれる取引所にもFeeが掛かるので、得したラッキーとかいってケチるとハマるんだぜっ!!()

(「;ω;)「ガオー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする