ビットコインATHで130万を突破。そして…悲喜こもごも

BTCが100万突破!1万ドル突破!130万突破!

なんて、強すぎるビットコインに界隈の面々もあれよこれよと思惑を抱き、更に生死を分けた仕掛け。前記事でも高ボラが続いて仕掛けが…なんて書いていたらわりと大きめのDump襲来で皆様いかがお過ごしでしょうか。

ATHからのDump、そして現在…

bFでは131万円台の高値をつけた後、下げに転じて一度は盛り返すものの下げ基調にトドメの一撃が加わり一時100万割れの98万を付ける。その後はイキリポジを刈り取って焼土となった所に買い戻し&あらお安い!で急速に戻して現在126万円台となっている。CCではトドメの一撃のターンで板表示的には全部刈り取られる瞬間があったように見えた(表示上だけだった模様)が73万を割り込んだところが底となっている。

bFFX勢、焼き討ちに遭う!?

高ボラ×高レバはハマれば大きなリターンを得られる反面、逆行すると簡単に維持率を削られて極度にイキやすい体質になるので、自身のトレードでは高ボラ時は売り禁・ロングオンリーの縛りを設けている。上手くレバ効かせて取っている先輩を見習いたい。

さて、悲喜こもごも見ていこう。

ニコ生FX勢にはおなじみのにしこりさん

これは辛すぎる…。

インパクトでかすぎて…うん。いのち大事に。。。

万が一の時の取引所選び

bFFXのルールから引用したものであるが、「お客様は速やかに金銭を充当し不足金を解消する必要があります。」との一文があり、万一、ロスカポイントでロスカットが執行されずに証拠金マイナスゾーンでポジション解消となるといわゆる追証で証拠金を失うのみならず更に支払いが生じる可能性があり維持率・資金管理を徹底する必要がある。

0カットで万一の場合を回避!

ビットコインのレバ取引はbitFlyerの取引高が非常に多くなっているが、追証なしのBitbankが一押しだ。ドル建てなので最初は慣れない所はあるものの、海外大手はUSD建てなので為替を考慮せずレートそのままで追従出来る所は大きなメリットだ。

QASHも地味にDump

QASHはBitfinexへの上場が決まっているのでこれからの動きに注目したい。

安全第一を心に誓ったトレーダーも多いと思う。そんなアナタもトレード時の事故防止に安全帯をつけてトレードしようず!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする