COMSAが資金調達にブレークスルーを起こす

仮想通貨に少しでも触れてる方は「ICO」と聞くと、「おっ…どんなもんが出てきたんだ?」と心躍るワードの一つだと思うが、ICOって何?アイコン?という方にもぜひとも理解を深めて貰うために少し説明したい。

まず、お急ぎの方向けに結論を申し上げると…

「COMSA」の登場は企業・投資家双方にとって最大級の朗報である。資金調達の未来が間違いなく変わる程の大きなインパクトをもたらすことになるだろう。ICOの参加・不参加に関係なく今後も追うべきです!

本題。ICOとは、株で言う所のIPOをもじって「Initial Coin Offering」という仮想通貨を用いた資金調達法を指す。このICOはIPOの主幹事やら幹事に口座を持ってて更に抽選で~というプロジェクト(企業)の意向とは別に証券会社などの意図や思惑が入るものとは違い、誰でも自由に世界中からICOに参加できる(一部法規制されている地域は除く)参加者側のメリットと、世界中から資金を募ることが出来るというプロジェクト側にもメリットがあり、仮想通貨の発展と共に多くのプロジェクトがICOを行い多額の資金を調達しています。

しかし、ブロックチェーン技術者を抱えたプロジェクトだからこそICOが可能であり、一般企業やプロジェクトがICOで資金調達を行おうとするとその点が大きなハードルでした。

そのハードルをブロックチェーン技術のみならず、法律・会計監査といった付随的な問題も一気に取り去るのが「COMSA」なのです。BCCCに属し、Zenの開発・社会実験に参加し、自社で「mijin」という既に高いパフォーマンスを実証しているプライベートチェーン(他の多くはいまだに実証実験を行っている段階の物が多い)を開発しているテックビューロと、ICO協議会委員のこれまでブロックチェーン・Fintechの第一線で活躍されている方々が加わっていて、オールジャパンでCOMSAの立ち上げを後押ししている印象です。

これまでの資金調達というと企業やプロジェクトの本質では無い部分で評価されたり、旧態依然とした非効率で遅々としたものに足を引っ張られるイメージを持つ方が多いと思われますが、COMSAの示すこれからの形が実現出来たら企業・プロジェクト側も一般の資本家も双方に大きなメリットをもたらす未来が実現出来るでしょう。

日本では、仮想通貨関連の小さい何の後ろ盾もない新興企業はメガバンクの法人口座すら作れない。いまだに仮想通貨=ビットコイン=Mt.Gox=危ない企業だ。というイメージを引きずっている。なんて話が嘘か誠か聞こえて来るほどです。その企業の真価を見定める前に門前払いする銀行というシステムにこれからも資金調達を任せますか?真価をフラットに見定めて価値を見出してくれる投資家のバックアップを受け、新たな価値を生み出し還元出来る仕組みこそ、これからの時代に求められる物だと考えます。

より詳しい情報は、COMSAサイトホワイトペーパーをご覧下さい。

COMSA Token Saleへの登録は紹介リンクを使って頂くと幸いです。(メールアドレスとパスワードの登録のみ)

※紹介リンクからの登録で筆者に5%のリファーラルインセンティブが与えられます。そのような仕組みに賛同しない場合は上記COMSAサイトからインセンティブなしに登録する事も可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする