【急騰続出】まだZaifに口座持ってない奴なんていんの?

Please vote me ❤

Zaifの取り扱いコインが軒並み高騰して、Zaifユーザーの懐は温かくなっているようだ。仮想通貨を買ったことがなくともビットコインの値上がりのニュースは耳に入っているだろう。上がれば下がるというのは自明の理で当然リスクはあるものの、既に行き渡っている既存資産とは違い、市場参加者・ホルダーが右肩上がりで増えている状況ではその価値を認める者が増えれば増えるほど上がりやすくなり、今まさにその状況を見た大人が好機と捉え買い上がったように見える。その動きを順に見ていこう。

ビットコイン

Zaif BTC/JPY 1H より

54万円台から一気に65万円を付ける展開となった。これまでは分岐はネガティブに捉えられていたものの、BCH(ビットコインキャッシュ)が誕生して思わぬ副収入となったことで今後の分岐への思惑が働いているのではという見方も出ている。

モナコイン

日本の仮想通貨ブームを作ったのは間違いなくこのモナコインだろう。2chで存在を知り、自分のPCでマイニングしてみたり当時はレートや価値なんてことよりもYay!が出たりAskMonaで投げあうだけでただただ純粋に楽しかったという経験を大事にしているホルダーが多く、始めたばかりの初心者にも手取り足取り楽しみを教えてくれるコミュニティのあるコインだ。

PEPECASH(ペペキャッシュ)

海外のモナー的存在のpepeをモチーフに様々なアイデアでカードを作って売買出来るRarepepeカードの基軸通貨であり、メモリーチェーン等のカード売買にも使われるXCPトークン。PEPEの魅力は斬新なアイデアで生み出されるカードはもちろん、そのPEPEのもつ不思議な癒やしに日々翻弄されるビットコイナーは魅了されており、常人には到底理解不可能な世界を構築している。

モナもPEPEも技術的優位点というよりもホルダーの支持が圧倒的に高い点で共通している。もちろん保有コインに含み益が出れば嬉しいものだが、プライス以上にホルダー同士の絡みや新しい楽しみ方を模索するというエクスペリエンスこそ、最大の価値であろう。こういう見方であるからこそ俗にいう草コインとは違い一時的なPumpで終わらず例え元通りの位置に戻ったとしても持つことで生まれた経験に対価を支払ったものという考えで、大抵落ちて悲観したり騒ぐのはニワカである事を知っておくべきだろう。その騒ぎを真に受け手放してしまうような愚策は避けるべきだ。

XEMも9月頭にはだいぶ上げていたが現在は一端落ち着いた形となっている。これからCOMSAが動き出せばある程度の需要・実需が生まれていくものと考えるので、ハーベスト用のアカウントを増やして行くのも悪くないだろう。そして、楽しめ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする