【追記】どうなるCOMSA!?CAMPFIREはCOMSAでICOの予定なしと発表

ICOを目前に控えたCOMSAに気になるリリースがCAMPFIREから出された。

一部報道機関より、仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション「COMSA」にて当社がICOを行うとの報道がなされていますが、双方で詳細な諸条件などに基づいて合意に至った事実はなく、今後もCOMSA上でICOを実施する予定はございません。当社は事業領域拡大のため、ICO領域への参入を別の手段で検討しております。

双方合意に至った事実はなく、今後もCOMSA上でICOを実施する予定はございません。

あれ…?と思った人も多いと思う。。

だって…

以下のICO案件の実施が既に確定している。

2. 株式会社CAMPFIRE

ってあったけれども

そもそも検討を開始しただけで、後日となってた詳細として何も合意してないし、別の方法でICOは検討してるけどCOMSAは使わんよ。ってことみたいだ。このツイート自体8/3だし、確定していると言ったのは早計だったってことかな。ほぼ確定でも最終段階で折り合いがつかなくてご破産なんてのはよくあることでもある。むしろICO開始後の発表でCAMPFIREがやるから入れたのに!!って事態にならなかっただけ良かったのではなかろうか。

CAMPFIREは脱テックビューロを進めてる(?)

まずはビットコイン決済導入の件

株式会社CAMPFIREは、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて、2017年9月12日よりコインチェック株式会社の決済サービス「Coincheck payment」を導入しプロジェクトを支援する際のビットコインによる決済を可能と致しました。

前々からビットコイン含め仮想通貨決済導入に前向きで、FIREXもZaifクローンだったことからZaifペイメントが採用されるものだろうと思っていたが、コインチェックペイメントの導入を発表した。この時は何故にZaifじゃないん?とは考えたもののCOMSA関係でテックビューロは手一杯で手が回らないからコインチェックに振ったのかな位にしか考えていなかったが、今考えればそんな話ではなかったということだろう。

FIREXの休止とシステムリニューアルの件

この度、平成29年3月27日にサービスを開始したユーザー間でビットコイン取引が可能となるトレーダー向け仮想通貨取引所「FIREX(ファイヤーエックス)」が、平成29年9月29日をもちましてサービスを休止することとなりましたためお知らせ致します。

フィスコは仮想通貨交換業者に登録されてることからシステム的に全くダメという事はないと思うが、FIREXは継続審査でシステムリニューアルを発表していることから現在のシステムからの切り替えとなるだろう。ということは、クラファンの決済と合わせて双方連携しやすいシステムになるのではないか。実際の所はリニューアル後でなければ分からないが、他社は以前に比べ遅延や停止の頻度は徐々にではあるが減ってきているように感じる反面、自身の主観ではZaifはサーバーを増強しているとのリリースが出るもののレートが大きく動く際はアクセス過多なのかDDoSなのか遅延や停止が目立つように感じる。それが根本的な設計により対処が難しいものならば一度入れたシステムを更にコストを掛けて全面リニューアルというのも分かるが、真相はどうなんだろうか。

どうあれ自身の考えではCOMSAに期待している所は大きい反面、事後報告で取り扱いコインが取り扱い廃止になる等々リスクを感じる部分もあり手放しでのICO参加は自重して、色々なケースを想定しての参加に留めたい。なぜなら、万一の事が起こった場合にプランAがダメでもプランBが使えるか使えないかの差はとてもなく大きいと考えるからだ。

否定的な見方をしている訳ではなく、見えない部分があることを再認識して許容出来るリスクをユーザーもしっかりと考えるべきで、こんなはずじゃなかった…!とならないようにしていきたいのだ。

追記

白紙しか見ていなかったけどHPを再度見てみたら…

プレミアムウォーターも含め消えてる。

COMSA自体のICO前に決定してるICOは今のところなしということなのだろうか。

ICOで資金調達したい需要は多くあると思われるのでさほど心配は無いと思われるが、決定案件が無くICOの審査が甘くなってしまわないかと心配する向きもあるかもしれない。しかし、審査をするということになっているICO協議会委員のメンバーは最前線でやっている方々で甘い判断を下すとは思えない。

だが、そのメンバーに名を連ねている家入氏がCOMSAでのICOは無いとリリースを出した所はやはり気になる。

MAGATAMAのように事後報告ではなく、ICO前にクリアーにしておいて欲しいものだ。

COMSAは単なるICOプラットフォームとしての意味だけではなく、各種仮想通貨・トークンがペッグされるという部分に強く興味を惹かれている。新しいものを評価するのは難しい。だが、レモン市場の一端にはなって欲しくないと切実に願う。

追記

ツイートに上がっていたもの。

んー、家入氏と直接話が出来てはいないのか。現状出てる情報だけだと

家入氏:COMSAでのICOを検討

COMSA:CAMPFIREがCOMSAでICO確定

って、のっけからニュアンスにズレがあったままここまで来てCAMPFIREがICOしないよ。とハッキリ明言したことでテンヤワンヤーな状態。CAMPFIRE側からは確定的な話は出てなかったようだし、COMSA側がICO予定に勇み足で入れちゃった感だけどもCAMPFIRE側が決まってたけど公表してなかった可能性もあるしCOMSA側はどういった見解を出してくるのか、時間が迫った中で注目したい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする