ビットコイナー反省会がアツい

日本のビットコイナーで反省会を見てない奴はモグりかScammerと言われるビットコイナー反省会が今回は草コインエヴァンジェリスト(?)の田中氏をゲストに迎えて行われた。

内容は見ていない方は動画を見ることをオススメするが、中でも田中氏のPOSに対する考え方は共感出来る部分もある。

特定のコインに言及することはなかったが、やはりアーリーアダプターや保有量の多い者へ永きに渡って利益が約束されているコインは優れていても逆風が強いものと考えられる。同様の仕組みはいずれ後発コインで再現が可能であると思われるし、同程度の能力を有した硬直化した利益構造のあるコインと機会が平等に与えられたコインが存在したならば、後者を利用するユーザーが圧倒的に増えるのではなかろうか。

一度、原点に立ち返ってみよう。

我々は何故仮想通貨を使うのだろうか。現状の日本では投資or投機がメインに行われているように思われるが、海外では信用力の低い自国通貨よりもビットコイン等の方がマシということで利用されていたり、Fiat(中央→即ち国家など)を信用せずそういうものをなるべく介在させない通貨といった思想的に共鳴する者たちによって広まってきた経緯がある。

その経緯を踏まえると、やはり持ち分の大小が生じることは自然な事だと割り切ることが出来ても、その価値が中央集権的に吸い上げられてしまう構造は危ういのではなかろうか。

もちろん構造的な物を無視出来る位に唯一無二の価値を有したコインにまで発展したならばこの話もまた杞憂であるが、その地位を獲得出来るか否かに掛かっているという部分が見えてくる。

さらにPOSを否定しているのではなく、POSにはこういった側面も内包しているということである。完璧なものなど何一つないのだから、そのメリット・デメリットを個々のユーザーが判断し、デメリットを許容しつつメリットを享受するか否かを判断する事が前提として必要だと考える。

あとで「そんなはずじゃなかった!!」通用しないのだから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする