【NEM】どうやら大人が本気を出してきた【COMSA】

(「・ω・)「ガオー

nemちゃんカワイイよnemちゃん!!(@kamatsukachan より)

じゃじゃーん!

見ました!?この記事!!

「COMSA」の秘めるパフォーマンスの高さを考えると、それに気付いた人たちがCOMSAスゴいじゃん!と注目度が日々段違いに上がっていくのは当然といえば、当然なのです。今回注目したいのは記事の本筋ではなく、「COMSA上で流通するICOトークン(CMS:単位はCOMSA)をはじめ、ビットコイン(BTC)やNEMプロジェクトの通貨である「XEM」への直接投資を開始したことを発表した。」という部分です。

さらっと述べられてますけど、お気づきですか??

ビットコイン(BTC)やNEMプロジェクトの通貨である「XEM」への直接投資を開始した

はい。

「フィスコ・日本テクノロジーベンチャーパートナーズ・ABBALab」が、COMSAだけじゃなくて、BTCとXEMを買い始めましたよ!と書いてあります。

BTCの市場規模を考えるとそこまでのインパクトにはならないにせよ、XEMの現時点での24H取引額がドル建てで「$9,667,030 」なので投資額によっては相当なインパクトを持つでしょう。そして、COMSAの稼働に伴いNEM自体の価値向上とその流通通貨であるXEMの取引が増え、Fiatに対しての価値が更に向上するとの考えがあり、XEMへの直接投資と明言していると見ています。そんな意図が無ければ単純に「仮想通貨に投資」や「ビットコインに投資」と発表すれば良いところにわざわざXEMと入れてきているのですから。

さらに、フィスコの狩野氏のコメントにも注目です。情報提供者がプレイヤーになることは矛盾しないのか?という問に対して

「私たちがXEMをはじめとする将来有望な仮想通貨やICOトークンへ積極的に投資することで、他の投資家に対する超過利潤を得ることに何のためらいもありません。自らがプレイヤーとなり、そのパフォーマンスを実現し、市場に示していくことは、私たちがその使命を遂行する上でもっとも効率的かつ効果的な方法論であろうと考えています。今後の私たちの投資パフォーマンスに是非ご期待頂ければと思っています」

フィスコの提供する情報が、有用であるということを自ら証明してみせる。と暗示しており、このことからもXEMを含めかなり強気な見方をしている事が汲み取れます。

結論

ICOガチ勢が多いというロシアでCOMSAの注目度が上がっていて、COMSAで繋がるBTC/ETHの送金スペックを考えると、安定しているNEMでのトラフィックが急増すると見込まれ、SN(スーパーノード)は無理でも10000XEMでハーベストする位は最低限持っていると美味しい果実が落ちてきますよ!😊

XEMは国内ならZaifコインチェックで購入可能です。まだ口座を持っていない人は↓からどうぞ


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする